効率良く働いて自分の生産時間に充てよう

ソーシャルワーカー




こんにちは、ミヤチル(@Miyak_Okinawa)です。

先日の話。

会議の議事録担当になり、カタカタ…と進めて会議終了後に「できました~」と提出したところ
「え!早い!当日で出した人初めて!他の人がプレッシャーにならないようにお手柔らかに~」と、声掛けがありました。

(・・・褒められている?…と信じています。ポジティブ!)

でも、、、議事録じゃん?
こんなことで時間かけても…ねぇ。という驚きと同時に、
組織を動かす人たちには、どんどんプレッシャーになってもらおうと思っております。

「新しい議事録の形」や「そもそも議事録なんて必要なくない?」という発信者が出ることを願って、組織の未来にボールを投げておくことにしました。(そのボールは私はキャッチしないだろうなぁ。笑)

仕事の効率はいつも意識して、極力無駄を省く。

だって…ソーシャルワーカーが一番に力を割きたいのは、相談者と向き合う事。私たちは相談援助職ですからね。
ちなみに管理者になった今は、現場支援員のフォローが最優先です!
会議の議事録に手間を取られるよりも、支援員が今何に困っているのか?どんな相談者に対して、どんなアプローチをしているのか?チーム力を高めるためには、どこを整理したらいいのか? などなど

より現場の支援員が、しっかりと相談者と向き合える環境を作っていくことに意識を向けています。(もちろん会議中も)

ちなみに・・・
先日の会議中(議事録も担当)の私の思考回路はこんな感じでした。

議事録担当として…
  報告内容のポイントはどこか
  資料に書かれている以外の重要なキーワードはどこか
  いつまでに議事録をデータを書いて出すか(←もちろん翌日に持ち越す気はゼロ)
  そのために、どの状態で会議に挑むか(これは議事録担当になった時点で想像)

会議報告者として
  他者から盗める資料報告のコツはどこか(自分に足りない視点に気付く)
  翌月の報告データで足りない部分はどこか
  自分の報告内容で特に伝えたい「現場のアクション」と「現状の課題」はどこか

組織の一員として
  他事業も含め、組織全体としての課題や足りない視点はどこか
  組織として次のイノベーションを起こすタイミングはいつか
  新しい知識や情報をどう取り入れるかアウトプット
  チームに共有しておきたい内容はどこか
  その内容を、いつ、どのような形で伝えるか(大体会議中にLINE打つ)
 (事業メンバーの勤務地域が別々で全員で集るMTGは年に3回程度のためアプリを活用)
  伝わる内容にするために、どう仕掛けるか
  伝えたことで起こりえるメンバーの気付きや行動までをどうデザインするか

ざっと思いつくだけでもこんな感じです。

ここから、行動レベルまで落としてはじめて 会議に出る という業務が終了~って感じです。w

 

空けた時間の使い方

ここからは私の反省点(*_*)
今までの私は「空いた時間で別の課題とか、組織の仕組み作りとか…どんどんできるじゃん~!アレもコレもっ!」と思ってきました。けれど、、組織の膿を出して、傷の手当して、環境を整備していたら…疲れました。(そりゃあそうだ…という声が聞こえた!笑)

それでも、もちろん給料は一定ですからね。

なので、めちゃくちゃ今更な宣言ですが、年休をちゃんと取ることにしました!!

今や、自宅でもどこでも、メールのレスポンスは携帯から速攻でできます。ちなみに私は、いつも出勤する場所が違うから、どこにいても電話も取るし、30キロ先の現場のフォローができるようにチームでの情報共有は常に意識しています。(もちろん課題もたくさんあります!)

今年は、たまたま現場から離れる役職になったので、効率的な組織内コワーキングを実践する良い機会だと思いました。

 

私の固定給は、私の精神的・身体的疲労を回復するためだけのお金ではありません。
自ら疲労や苦しみを選択して、そこで得るお金を全てカラダの回復のために使ってたら、私の人生って…なに?という感じですよね~。

私は、ソーシャルワーカー自身が、自分の生き方と向き合う事が、なによりも大切だと思っています。

せっかく頭フル回転で、効率よく仕事したんだから、空けた時間を使って、自分のためにYouTube動画作りや、ブログ配信、インプットした情報を私らしくアウトプットする活動に充てたい。自己生産活動の時間に費やして、自分自身の価値や収益を上げていきたいと思っています。そんなソーシャルワーカーが居たら、福祉はもっと楽しい

 

そう考えると、少し楽しくなってきませんか?

 

…とまで書いて、今日はすぐに帰って、おススメされたDVDを観ながら、組織運営について考えていたら(←趣味ですな)

 

気付いたら寝てました。笑

 

そんなソーシャルワーカーが配信しているYouTubeチャンネルはこちらへ♡笑