生活困窮者自立支援制度~伴走型支援のはじまり~素人相談員みやちるソーシャルワーカー

ソーシャルワーカー




ハイサイ、みやちる(@Miyak_Okinawa)です。

 

前回は、生活困窮者自立支援制度が実施される前の流れを書きました。

今回は、その「生活困窮者支援」という渦の中で流れ揉まれていた私の心境と共に「伴走型支援」について考えてみようと思います。

そして私と同じように、ソーシャルワーカーとして初めて生活困窮者支援に携わる支援員の皆様の参考になると嬉しいです。

 

ちなみに大学卒業後すぐの私の

社会が大体こんな感じだとして・・・

そして生活困窮者支援を始めた私の

社会はこんな風に変わりました・・・

…脳ミソのシワ増えたはず。

▼目次

  1. ゆいまーるって壊れてたの⁉
  2. 「寄り添い(伴走型)支援」ってなに?
  3. その人の関心ごとに関心を持って

ゆいまーるって壊れてたの⁉

みやちる

現場に出れるぞ~

ワクワクして挑んだ沖縄の「生活困窮者支援」の世界。

 

そこで待っていたのは

☑いちゃりばちょ~で~
(一度会ったら兄弟の様な縁を大切にしよ♡)

☑ゆいま~る
(助け合い精神♡)

…の崩壊でした。

 

支援現場で関わる人の多くは、家族や友人に見放され、相談する相手もいない。行く当てが無い

そんな状態にある人ばかりが、次から次へと相談に来ました。中には「自殺をしようと思って沖縄に来た」という人も…。

 

孤立・孤独は日本の社会問題だと思っていたけれど、ここ沖縄でもそれは起きていて、まだまだ沖縄の現実を知らなかった平和な学生卒のみやちるには、沖縄の「ゆいま~る精神」が崩壊しているように見えたのです。

「寄り添い(伴走型)支援」ってなに?

みやちる

みんなで助け合おうよ~

・・・なんて言っても、目の前の人が自立するわけないので、

当時の学生上がりのみやちるは、ただひたすらに目の前の人の話を聴くことしかできませんでした。

 

 

でも、卒業したばかりで資格もない、社会人なりたて、アルバイト経験もちょいちょい、実家暮らしで、家事もしない(…爆)。

SHISA

こんな小娘に相談出来るかい!

 

そんな風に思われてるんじゃないか・・・

無責任に「支援員です」なんて名乗れない。

…他人様の人生に介入するほどの、大それた生き方してない!!

無理ゲー!!!!

 

・・・って内心バクバクしながら、ひと回りも、ふた回りも離れた人の「困りごと」をひたすら聴く支援が始まりました。

 

借金滞納、取り立てに追われてる、DVから逃げてきた、家賃支払えてない…

家を出される、車で寝てる、食べ物がない、生きていけない…

ひたすら聴く…

 

役所の窓口で断られた、サービスが使えない、国に文句を言いたい…

家族が引きこもっている、お酒を辞めてくれない…

ひたすら聴く…

そして、

分からない質問をされたら、一緒に調べる…

「困りごと」について、一緒に全力で向き合う…

一緒に動いて…、一緒に考えて…、一緒に悩む…

そして一緒に整理して、一緒に喜んで、一緒に未来を考える…

 

そんなある日、相談者の口から思いがけない言葉が…

 

それは、

「相談員の指名チェンジ!」

…ではなく、

 

「あなたがそばに居てくれたから、救われた」

でした。

 

へ・・・?(嬉泣)

 

「寄り添い支援」って、こういう事だったんだってカラダで実感したのを今でも覚えています。

その人の関心ごとに関心を持って

 

ここからは、ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」も見ながら書いたので、生活保護課のケースワーカーやソーシャルワーカーの姿勢について語ります。

 

 

まず、目の前の人がどんな状況でも、私達ソーシャルワーカーにとって「判断」は慎重でなければなりません。

答えを提示して、誘導して、勝手に未来を決めつけるなんて、もってのほか。

 

これからどうなりたいか…

私たちに(本当は)どうしてほしいのか…

なぜココに来たのか…

全ての答えを知っているのは、目の前の本人だけです。

 

そのうまく表現出来ない想いや、一人でイメージ出来ない未来を、

引き出して、一緒に整理して、選択肢を増やしていくサポートをするのが私達の仕事です。

 

それが、病気を持っていても、罪を犯した人であっても

福祉の現場で働くソーシャルワーカーは、

自分の態度や発言や、制度運営の中にいる自分自身の姿勢を常に見つめ直さなければいけません。

ソーシャルワーカーとしてこの仕事をしている以上、常にです。

 

でもその姿勢や態度が、

病院から貰うお薬よりも効果的になる事があります。

人の命を救ったり、人生が好転するキッカケになることもあります。

 

まぁでも、難しいことは考えなくてもシンプルです!

 

その目の前の人の「関心ごと」に

まずはあなたが関心を持ってみて下さい♡

 

それだけ〜♡

ソーシャルワーカーってステキな仕事だなぁって思うでしょ?w

 

伴奏型支援を学びたい人は、この書籍オススメです♡